【2019年版】Googleアドセンス審査に通る方法(サイトの追加)

サイトの追加申請をする前にいくらか準備が必要だ。プライバシーポリシーやサイトマップ等のページを作成したり、記事の数もある程度必要だ。そういった準備については後ほど言及する。とりあえず先に申請手順を紹介しておく。


Googleアドセンスの審査にサイト追加申請する方法

申請自体は特に難しいところはないだろう。

まずはGoogleアドセンスのサイトへ

Googleアドセンスのサイトにアクセス

Google AdSense - ウェブサイトを収益化Google AdSense を使用してウェブサイトを収益化しましょう。広告のサイズは自動的に最適化され、表示とクリックが促進されます。
Google AdSense - ウェブサイトを収益化 www.google.co.jp
Google AdSense - ウェブサイトを収益化

表示されたアドセンスの管理画面左側のメニューにある「サイト」をクリック。

右上にある「サイトを追加」をクリック。

追加申請するサイトのURLを入力し「次へ」をクリック。

サイトをAdSenceにリンクさせるために、下枠内に表示されたコードをコピーし、サイトのheadタグ内に貼り付ける。

最後に「送信」をクリックで、サイトの追加申請は終了。

どうだろう。申請手続きに関しては特に難しいところはないのではなかろうか。

さて、後回しになってしまったが、次は、申請前にしなければならない準備について紹介していこう。

サイトの追加申請する前に準備をしておくこと

まずは揃えておくべきコンテンツについて

コンテンツとしては、以下のものは最低限必要になるようだ。

  1. プライバシーポリシー
  2. サイトマップ
  3. プロフィール
  4. 問い合わせ

1のプライバシーポリシーに関しては、WordPressで自動作成されたものをそのまま使っている。そろそろ手直しした方が良いとは思うのだが。

2のサイトマップに関しては、WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」を使って作成した。

3のプロフィールに関しては、とりあえず作成したといったレベルだと思う。

4の問い合わせに関してはWordPressのコンタクトフォームを使って作成した。

申請したサイトおよび申請時のサイト状態について

申請したサイトは当サイト「ストレージ – エックス」だ。

申請時のサイトの状態については、以下のようになっている。

  • ドメイン:独自ドメイン
  • 申請時期:開設から32日後
  • 記事数 :16
  • 他の広告:貼っていない

こういった状態のサイトを申請し、その日のうちに結果を知らせるメールが届いた。承認だった。

この日はAmazonアソシエイトの2度目の申請も行っており、その結果も同日届いておりこちらも承認された。

https://storage-x.com/affiliate/amazon-associate/

Googleアドセンス審査に通る方法

まずはプライバシーポリシーの作成。アドセンスのコンテンツポリシーで必須コンテンツとしているので、外せないコンテンツだ。

必須コンテンツ - AdSense ヘルプAdSense ヘルプログインthis.gbar_=this.gbar_||{};(function(_){var window=this; try{ /* Copyright The Closure Library Authors. SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 */ _.Ad=function(){if(!_.t.addEventListener||!Object.defineProperty)return!1;var a=!1,b=Object.defineProperty({},"passive",{get:function(){a=!0}});try{_.t.addEventListener("test",_.za,b),_.t.removeEventListener("test",_.za,b)}catch(c){}return a}(); _.Bd=_.Jb?"webkitTransitionEnd":_.Fb?"otransitionend":"transitionend"; }catch(e){_._DumpException(e)} try{ _.Cd=function(a,b,c){if(!a.o)if(c instanceof Array){c=_.ma(c);for(var d=c.next();!d.done;d=c.next())_.Cd(a,b,d.value)}else{d=(0,_.v)(a.F,a,b);var e=a.B+c;a.B++;b.setAttribute("data-eqid",e);a.D[e]=d;b&&b.addEventListener?b.addEventListener(c,d,!1):b&&b.attachEvent?b.attachEvent("on"+c,d):a.A.log(Error("n`"+b))}}; }catch(e){_._DumpException(e)} try{ var Dd=document.querySelector(".gb_C .gb_D"),Ed=document.querySelector("#gb.gb_Fc");Dd&&!Ed&&_.Cd(_.qd,Dd,"click"); }catch(e){_._DumpException(e)} try{ /* Copyright The Closure Library Authors. SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 */ }catch(e){_._DumpException(e)} try{ /* Copyright The Closure Library Authors. SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 */ var Hd,Id,Jd,Pd,Qd,Rd,Sd,Td,Ud,Vd,Xd,ce,be,ee;_.Fd=function(a){var b=a.length;if(0
必須コンテンツ - AdSense ヘルプ support.google.com
必須コンテンツ - AdSense ヘルプ

サイトマッププロフィール問い合わせページも作成するべきだ。GoogleアドセンスとAmazonアソシエイト。どちらの審査がより厳しいのかはわからないが、少なくとも先にあげたプライバシーポリシーなどのページがない状態のサイトをAmazonアソシエイトに申請した際には不承認に終わった。もちろん記事数も関係あるのだろう。不承認時には8記事しかなかった。ただ、いずれにせよ、SEOの観点からも先のページはあったほうが良いだろうから、作成しておくに越したことはない。

あとは記事の内容だろうか。今サイトは自作PCに関する記事に特化している。少なくとも申請時には。ただ、このサイトのコンセプトはジャンルレスにとにかく「忘れる前に貯めておく」べく、得た情報をWebページに変換し貯めておくストレージなので、今後はカオス的なサイトになっていくのだろう。いずれにせよ、何がしかに特化したサイトの方が申請が通りやすいようだ。

最後にこれも重要だ。AdSense プログラム ポリシーだ。これに反しないようなサイトづくりを心がけなければならない。

AdSense Program policies - AdSense HelpAdSense HelpSign inthis.gbar_=this.gbar_||{};(function(_){var window=this; try{ /* Copyright The Closure Library Authors. SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 */ _.Ad=function(){if(!_.t.addEventListener||!Object.defineProperty)return!1;var a=!1,b=Object.defineProperty({},"passive",{get:function(){a=!0}});try{_.t.addEventListener("test",_.za,b),_.t.removeEventListener("test",_.za,b)}catch(c){}return a}(); _.Bd=_.Jb?"webkitTransitionEnd":_.Fb?"otransitionend":"transitionend"; }catch(e){_._DumpException(e)} try{ _.Cd=function(a,b,c){if(!a.o)if(c instanceof Array){c=_.ma(c);for(var d=c.next();!d.done;d=c.next())_.Cd(a,b,d.value)}else{d=(0,_.v)(a.F,a,b);var e=a.B+c;a.B++;b.setAttribute("data-eqid",e);a.D[e]=d;b&&b.addEventListener?b.addEventListener(c,d,!1):b&&b.attachEvent?b.attachEvent("on"+c,d):a.A.log(Error("n`"+b))}}; }catch(e){_._DumpException(e)} try{ var Dd=document.querySelector(".gb_C .gb_D"),Ed=document.querySelector("#gb.gb_Fc");Dd&&!Ed&&_.Cd(_.qd,Dd,"click"); }catch(e){_._DumpException(e)} try{ /* Copyright The Closure Library Authors. SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 */ }catch(e){_._DumpException(e)} try{ /* Copyright The Closure Library Authors. SPDX-License-Identifier: Apache-2.0 */ var Hd,Id,Jd,Pd,Qd,Rd,Sd,Td,Ud,Vd,Xd,ce,be,ee;_.Fd=function(a){var b=a.length;if(0
AdSense Program policies - AdSense Help support.google.com
AdSense Program policies - AdSense Help

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします